世の中にはいろんな薬がありますが、薬局で薬を見ているとジェネリックという文字を目にしませんか?ジェネリック薬品などと呼ばれていて、同じ効果の薬より安く購入することができます。安いのは嬉しいことですが、その分効果が薄いのではないかと疑ってしまいますよね。そんなジェネリックやED治療薬について解説するので確認してみましょう。

  • ホーム
  • 早漏は男性が思うほど女性はそこまで気にしない?

早漏は男性が思うほど女性はそこまで気にしない?

早漏は意外と多くの男性が悩んでいるものですが、それはパートナーである女性にも嫌がられるのではと考える男性は多いでしょう。
しかし、女性の考え方は違うようで、ただ早漏だから嫌とは考えていないようです。
実際の女性の考え方は早漏はそれだけ敏感に感じている証拠だから問題ないといった意見や早漏の人ほど前戯を長く楽しませてくれるから良いといった意見が多く、意外と理解してくれる考え方をしています。
また、セックス自体が長いと体への負担が大きくなるので短時間で終わらせることが出来る方が嬉しいとの意見もあります。
ですので、反対に遅漏の方が体への負担が大きいとして苦手意識を持つ女性は多いですが、実は早漏や遅漏と言った部分が問題ではないようで、それ以外の部分の方が女性にとっては深刻に考えているようです。

例えば前戯がほとんどなくて挿入しても自分本位なやり方しかしない男性は仮に早漏でも遅漏でも、このどちらでもなかったとしても女性は好意的には思えないようです。
また、性行為の最中に愛を感じないような振る舞い、例えば女性が嫌がっていることを無理強いしたり、体のことを心配しないような振る舞いも良く思われません。
中でもコンドームの装着を嫌がったりする男性は妊娠や性感染症などの深刻な問題にも発展しかねませんので、当然ですがどの女性でも嫌がります。
つまり、早漏や遅漏がどうかというよりも性行為の最中の自分勝手は振る舞いや相手を気遣うことをしない男性の方が嫌という考え方をしていて、それさえなければ早漏でも遅漏でも特に嫌がったりはしないということです。

また、早漏の場合にはパートナーである女性と協力して治療する方法もあるので、それを通じてお互いの理解が深まったり信頼関係も深まります。
男性は自分だけで悩みのではなくパートナーである女性にも相談して、お互いが満足の行く性行為ができるように協力すると良いでしょう。
そうすれば早漏も遅漏も気にならない関係が築けるでしょう。

遅漏の方がよっぽど深刻!女性の負担も大きい

女性の負担が大きいのは早漏よりもむしろ遅漏です。
射精に至るまでの間隔が極端に長いと、その分だけピストンを受けなければいけません。
ペニスを挿入する側の男性は、出し入れするたびに快感を強く実感出来ます。
しかし女性側は大きくて太いペニスを長時間にわたり頻繁に出し入れされる事で、快感以上にストレスを感じ始めます。

男性側が独りよがりな形で長時間、黙々とペニスを激しく出し入れし、また強い力でセックスを進めると女性は膣に痛みや不快感を覚えます。
遅漏の男性はなかなか射精の感覚を得られないため、つい無意識的に男性本位のセックスをしやすいです。
いわゆるバックといった激しい体位で、女性に長時間ペニスを出し入れすれば、パートナーからすれば不安な気持ちになります。
落ち着いてセックスを楽しみたいのに、男性が後ろから強い力でペニスを強引にピストンしてきたら、それだけで大きな負担を感じ、また男性が結局射精してくれないので、パートナー側は肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。

遅漏の男性は独りよがりなセックスをしないように強く意識し、自分の体質をカミングアウトして女性側に理解してもらう必要があります。
世間一般では早漏だけが恥ずかしい体質だと言われていますが、その考え方は誤りです。
早漏の男性は前戯の時間を長くしたり、パートナーにゆっくりと腰を動かしてもらうなど、工夫を凝らす事で性生活のクオリティーは上げられます。
しかし遅漏は男性側、女性側共に満足感が得られにくく、パートナー側からすると自分の体ではオーガズムを得てくれないのでは、という不安な気持ちもよぎってしまいます。
また普通の女性では遅漏の男性を前戯で射精に向かわすのは困難であり、結局体力的に大変な長時間のセックスをするしかなく、負担がつくづく大きくなり、事態は深刻化しやすいです。

関連記事